犬に生肉は基本的にNG

生肉

 

最近では、生肉入りドッグフードの販売もありますが、 基本的に犬に生肉をあげるのはNGです。 「元々野生動物なんだから生肉もOKでは?」 という疑問もありそうですが、 犬が人に飼われるようになってからの歴史は長く、 昔と比べて食生活がかなり変わっているのも 知っておかなければいけません。 犬を長生きさせるためには加熱処理した食事を与えるようにしましょう。

 

犬の食生活の変化

人間はもともと肉食動物ではるか昔には、生肉をメインにしてい食べていました。しかし、人間が狩猟や移動目的で犬を飼うようになり、残飯を与えた結果徐々に雑食動物へと変わっていきました。今では、残飯も少なくなりドッグフードを与えることが増え、犬の寿命もかなり長くなっています。

 

また、少し前まで炭水化物はほとんど消化できない体質だといわれていましたが、今では犬でも炭水化物を消化できることが分かっています。

 

犬に生肉を与えてはいけない理由

生肉は、加熱された肉に比べて非常に消化が悪く、健康な犬でも与え続けることで内蔵機能が低下することがあります。体調が悪いまま放っておくと胃腸病などの生活習慣病になり、最悪命を落とすこともあるため注意が必要です。

 

また、豚、牛、鶏は生肉の中でも特に寄生虫がわきやすいので、少量であっても給餌はNGですので覚えておいてください。

 

どうしても愛犬に生肉をあげたいという飼い主さんへ

生肉には「犬の抵抗力を上げる」「太りにくい」「良質なたんぱく質を摂取できる」などのメリットもあるため、愛犬に与えたいと考えている飼い主さんも多いと思います。

 

もし、そのようにどうしても犬に生肉を与えたいというのであれば、馬肉と鹿肉を選ぶようにしてください。この2つは寄生虫が少なく栄養価が高いので、豚肉や牛肉に比べれば安全です。

 

与えるときは必ず食用のものを使うようにしてください。そして、安心できるメーカーのものを選ぶこと。できれば中国産や韓国産は避けた方がよいでしょう。

 

最初は少ない量から与え、慣れてきたら増やしてもかまいませんが、与えすぎには注意してください。与えた後、犬に変わったところがないか見ていてあげると安心です。

 

犬の嘔吐を見逃すな

シェパード

 

室内で飼っていれば見つけやすい犬の「嘔吐」ですが、屋外で飼育している場合は意外と見落としがちになります。嘔吐は、様々な病気のサインになりますので、長生きさせたいのであれば犬の行動範囲も定期的にチェックしておくことが大切です。

 

犬の嘔吐の主な原因

「嘔吐したからこの病気だ」とはっきりと言えるものではありませんが、可能性が考えられる病気がいくつか存在します。

 

嘔吐の主な原因としてまず考えられるのが消化器官である胃や胃に近い小腸の異常。直前に変なものを食べてしまったり、いつもより多い食事の量で嘔吐することもありますが、思い当たるものがなければ慢性的に胃腸が弱っているかもしれません。

 

また、胃捻転が原因で起こる嘔吐もあります。胃捻転とは一度にガツガツ食事をとることで腫れあがった胃がねじれてしまう病気のこと。主にシェパードやドーベルマンなどの大型犬に多い傾向にあります。命にかかわることもあるので、食事はゆっくりと食べさせるようにしましょう。

 

その他、肝臓や脾臓など消化器系ではない臓器の機能低下により嘔吐することもあります。原因不明の嘔吐が続くようであれば速やかに獣医に診てもらうようにしましょう。

 

味の濃い手作りフードはNG

たくさんの犬

 

健康志向の高まりから犬のごはんを手作りしている方も多いと思いますが、愛犬が喜ぶからといって味が濃いものを与えてはいませんか?

 

これでは健康で長生きさせるために作ったごはんが意味のないものになってしまいます。塩分、糖分、脂肪分が多い食事は、内蔵への負担が大きく本来の機能を損ないます。

 

人間が食べるお味噌汁やお菓子。人間にとって大丈夫な塩分、糖分量でも犬にとっては大きな負担になります。

 

もし、人間のごはんの残りをあげている家庭があるならば、一旦お湯を流しかけるなどして味を薄くしてください。油が多いものはキッチンペーパーで油を抜いてください。肉じゃがや野菜炒めなどは玉ねぎを取りだすことを忘れずに。

 

味がないものを犬に食べさせることは、決してかわいそうなことではありません。犬を長生きさせるためにも、塩分、糖分、脂肪分には十分気をつけてくださいね。

 

愛犬を長生きさせる給餌量は?

子犬

 

愛犬に毎日与えるドッグフード。 「1日に何グラムあげるようにしていますか?」
という質問にすぐに答えられる飼い主さんは どれくらいいるでしょうか。

 

「いつもエサ用のボールに適当に入れている」 「愛犬が満足するまであげている」 という場合も少なくないようです。

 

犬には、人間と同じように 1日の最適な摂取カロリーというものがあります。 基本的には、体重が重いほど 必要なカロリーは高くなります。

 

ここをちゃんとしておかなければ、 食べすぎによる肥満や過少による栄養不良を起こし 長生きさせることができなくなるので要注意です。

 

ワンちゃんの適切な給餌量は、 エサが入った袋や缶詰に掲載されているので 分かりやすいと思います。

 

成犬であれば1度給餌量をはかっておけば、 後は専用カップで何杯か、 あるいはメモリを覚えておけば手間がはぶけます。 老犬になるとたくさん食べる必要がなくなるので、 7歳頃から少しずつ給餌量は減っていきます。

 

犬のお風呂は月に1~3回がベスト

洗われる犬

皆さんは、犬のお風呂どれくらいの回数入れていますか? 犬のお風呂の頻度は、犬種や皮膚の強さにもよりますが、 月に1~3回がベストだといわれています。週に2~3度お風呂に入れているという方も最近では多いようですが、 汚れを落とすことを目的とするのであれば、 もう少し回数が少なくても大丈夫です。

 

皮膚や体毛の汚れは毎日のブラッシングである程度落とすことが可能です。

 

お風呂の入れすぎによるデメリット

お風呂の頻度が多すぎるからといってこれといったデメリットは特にありません。 お風呂を好むワンちゃんにとっては気分転換にもなるので 回数を増やしても良いです。

 

ただし、体調が悪い時など体力が低下しているときは、 感染症などにかかりやすくなるため入浴は避けた方が良いでしょう。 また、生まれつき皮膚が弱い子は、 何度も洗うことで必要な油分がとび肌荒れを起こすことがあるので、 入れすぎはNGです。

 

におわなければお風呂は1年に1回でもいい?

ときどき、「犬は1年に数回しか入れていない」という飼い主さんもいたりします。 飼い主自身がめんどくさがりだったり、ワンちゃんが犬嫌いだったり 理由は様々あるようですが・・・お風呂は最低でも2ヶ月に1度は 入れてあげるようにしてください。

 

短毛、室内犬、おとなしい、など長期間お風呂に入れなくても 見た目もきれいで匂いも全くしないワンちゃんもいます。 しかし、皮膚には毎日少しずつ見えない汚れがたまっています。

 

元気が良い時は良くても体調が悪くなった時には感染症にかかりやすくなります。 また、皮膚がんや乳がんは飼い主が触って気付くことも多いです。 健康診断の意味も込めてお風呂は定期的に入れるようにしましょう。