犬が好むからとビーフジャーキーばかりあげていませんか?

ビーフジャーキー

 

犬は味の濃いビーフジャーキーが大好物。そのため、飼い主さんにビーフジャーキーをもらえるとしっぽを振って喜びます。

 

愛犬の喜ぶ姿は飼い主にとってもとてもうれしいことですよね。しかし、愛犬にビーフジャーキーをあげすぎるのはNG。あくまでも「おやつ」ですから、ドッグフードに比べると栄養がほとんどありません。

 

栄養がないどころか、油や塩分、添加物が多く含まれているので、食べすぎるとワンちゃんの健康を損ねることになります。

 

塩分はガンの元とも言われますし、心臓病のワンちゃんにはとても負担が大きくなります。油分の摂りすぎは高血圧や肥満を引き起こします。また、添加物などの老廃物は涙やけの原因の一つといわれています。

 

ビーフジャーキーはどれくらいなら与えてもいい?

ビーフジャーキーを上げるのであれば、多くても週に2回程度。毎日あげるのはちょっと多すぎです。

 

個人的には、お金に余裕があれば価格の安いビーフジャーキーではなく、「無添加」や「ヘルシー」などと表示されているおやつを与えることをおすすめします。

 

ビーフジャーキーなどの人工添加物は、あげたらすぐに異変が起きるものではなく
積み重ねによって生活習慣病などを引き起こします。「たまにはいいか」が続くとそれが病気の原因としてどんどん大きくなりますので「犬が喜ぶからやめられない」という飼い主さんは、より健康によいお菓子に切り替えるという方法もあります。

 

ただし、犬の主食はあくまでもドッグフード。無添加のお菓子でも与えすぎには注意してくださいね。

 

ドッグフードを食べなくなるというデメリットも

最初にも書きましたが、犬は塩分が高い食べ物が大好物。ビーフジャーキーを与えすぎるとその味に慣れてきて、メインのドッグフードを食べなくなるというデメリットもあります。

 

ドッグフードを全く食べなくなるので、困り果てた飼い主さんがしぶしぶ毎日の主食をビーフジャーキーに変えてしまったという話も時々耳にします。

 

味覚が原因で一度ドッグフードを食べなくなったワンちゃんの食欲を元に戻すのはとても大変です。そういった意味でもジャンクフードの与えすぎはNGなので気をつけてあげてください。

 

コメントを残す