下痢は病気のサインかも

どんなワンちゃんでもたまに下痢をすることがあります。 これは、ただ単にお腹の調子が悪いというだけではなく何らかの病気のサインであることも多いので、その後の経過をしっかりと見守ってあげてください。

 

犬の下痢の原因として考えられるのは、 ウィルスや寄生虫、内臓疾患、食中毒など様々。 1度で回復するなら問題有りませんが、 何日も続くようであれば獣医に相談しましょう。

 

下痢は放っておくと消化器官に負担がかかり栄養失調を起こすことがあります。 胃腸炎や大腸炎を起こすことも。悪化すると死に至ることもあります。

 

また、下痢が続くと体内の水分が減り脱水症状を起こしてしまうのでこまめに水を与えるようにしてください。特に小型犬ほど下痢による体の負担が大きいといわれています。

 


2017年5月2日 下痢は病気のサインかも はコメントを受け付けていません。 犬の病気