玉ねぎ中毒に要注意!

犬に与えてはいけないものとしてチョコレートの他に「玉ねぎ」があります。これは、犬に限らず猫やハムスター、うさぎなどのペットにもダメなので覚えておいてください。

玉ねぎを含むネギ類にはアリルプロピルジスルフィドとう有機硫黄化合物が含まれていますが、これが玉ねぎ中毒の原因になります。ネギ類は玉ねぎの他に、長ネギ、青ネギ、ニラ、ニンニク、らっきょう、わけぎなどがあります。(ニンニクなら少量はOKとう説もあります。)

玉ねぎ中毒を起こすと犬は貧血になります。貧血を起こすと舌が白っぽくなるのが特徴です。また、血液中の赤血球が流れ出て血尿が出ることもあります。

玉ねぎ中毒は食事の直後に症状が現れる場合もありますが、数日してから出ることもあります。もし愛犬が貧血の症状を起こしたら、当日だけではなく数日前の食事まで思い出してください。

玉ねぎを直接与えていなくても、ネギ類が含まれる食事を与えていればNGです。ハンバーグ、餃子、シチュー、みそ汁、野菜炒めなどなどネギ類は多くの料理に使われます。

犬がネギ類を食べると危険といわれる量は、体重1kgに対し約20g。10kgの柴犬の場合だと200gですので玉ねぎ約1個分です。もちろん個体差があるのでこれより少ない場合でも危険な症状を起こすこともあります。

もし犬が玉ねぎを食べてしまった場合、可能であれば吐かせてください。そして玉ねぎ中毒の症状が出ていなくても獣医に相談すること。

人間が食べる食事には犬にとって危険のものが含まれていることが多いので、普段からドッグフードを与えることをすすめします。