愛犬が餌を食べない時の対処法

愛犬が餌を食べない時の対処法ですが、まずはなぜ食べないのか原因を知る必要があります。

まず考えられるのは味が好みではないということ。今与えている餌に変えてから食べなくなったというときには、まずこの理由を考えてください。

今までおいしそうに食べていたとしても味に飽きてしまったということもありますので、いったん他の餌を与えるといいでしょう。

また、味が好みでも一粒のサイズが大きすぎて食べにくいということも考えられます。飼い主さんの方で潰したり砕いたりして与えてみるのも一つの手です。

次に考えられるのは、運動不足とおやつのあげすぎです。運動不足だと消化が遅れて食欲が出ないことがあります。おやつについては基本的にはあげる必要がないものですが、ワンちゃんが欲しがるとどうしてもあげたくなりますよね。

しつけをするときにも場合によってはおやつが必要になるので、気づかないうちにあげすぎていたということになっていることもあります。

ワンちゃんにとって摂取すべき1日のカロリーを計算しなおして、おやつをあげすぎていないかもう一度確認する必要があります。

以上の対処法でワンちゃんの食欲不振が解消しない場合は、ドッグフードを温めて与えてみてください。人間のご飯もそうですが冷たいものより温められたものの方がにおいが強くなります。

ワンちゃんの嗅覚は人間よりも発達しているので、においを強くすると食欲がわいて食べやすくなります。

その他犬の食欲不振の対象法については、「食欲不振の犬の場合」で詳しくまとめられていますので、こちらで確認してください。

ワンちゃんがご飯を食べないのにはちゃんと理由があるので、飼い主さんは時間がかかっても理由を探し出してあげてください。

2019年5月22日 愛犬が餌を食べない時の対処法 はコメントを受け付けていません。 犬の食事(エサ)