愛犬を長生きさせるのに適切なえさの量その2

以前「愛犬を長生きさせる給餌量は?」でエサの量についてお話ししましたが、今回は手作りのエサの量について書いていきたいと思います。

ワンちゃんのために手作りごはんを作っている飼い主さんは、1食の量はどれくらい与えていますか。もちろん手作りご飯も固形のドッグフードと同じように健康に長生きする適切な量があります。

計算方法は様々あるのですが、一番わかりやすいのがBARFダイエットの計算。ここでは、成犬の場合の給餌量の目安を「犬の体重の2~3%」としています。

計算すると、10kgの犬の場合は200g~300g、15kgの犬の場合は、300~450gということになります。ワンちゃんが欲しがっても最初はこの量で与え続けてください。

その後、体重を測り続けて極端に減ったり増えたりしたらその体重に戻るように量を調整しながら与えてください。

手作りフードの場合は、えさの分量の他、栄養バランスも考えないといけません。例えばタンパク質の場合は、体重1kgあたり4~4.8g必要とされています。人間が1kgあたり1~1.2g必要なので約4倍になります。

一つ一つ計算するのが面倒という場合は、今まであげていたドッグフードの栄養成分表に習ってつくってあげてください。ミネラルやビタミン表示もされていると思いますのでしっかり見てあげてください。

過去にご自身のダイエット経験がある方は割と簡単にできると思いますが、そうではない方はちょっと複雑で大変な計算になると思います。

最初はきっちり測れなくても慣れてくればメニューのレパートリーも増えて簡単に作れるようになりますので、諦めずに頑張ってください(^^)

2019年6月1日 愛犬を長生きさせるのに適切なえさの量その2 はコメントを受け付けていません。 犬の食事(エサ)