玉ねぎ中毒に要注意!

犬に与えてはいけないものとしてチョコレートの他に「玉ねぎ」があります。これは、犬に限らず猫やハムスター、うさぎなどのペットにもダメなので覚えておいてください。

玉ねぎを含むネギ類にはアリルプロピルジスルフィドとう有機硫黄化合物が含まれていますが、これが玉ねぎ中毒の原因になります。ネギ類は玉ねぎの他に、長ネギ、青ネギ、ニラ、ニンニク、らっきょう、わけぎなどがあります。(ニンニクなら少量はOKとう説もあります。)

玉ねぎ中毒を起こすと犬は貧血になります。貧血を起こすと舌が白っぽくなるのが特徴です。また、血液中の赤血球が流れ出て血尿が出ることもあります。

玉ねぎ中毒は食事の直後に症状が現れる場合もありますが、数日してから出ることもあります。もし愛犬が貧血の症状を起こしたら、当日だけではなく数日前の食事まで思い出してください。

玉ねぎを直接与えていなくても、ネギ類が含まれる食事を与えていればNGです。ハンバーグ、餃子、シチュー、みそ汁、野菜炒めなどなどネギ類は多くの料理に使われます。

犬がネギ類を食べると危険といわれる量は、体重1kgに対し約20g。10kgの柴犬の場合だと200gですので玉ねぎ約1個分です。もちろん個体差があるのでこれより少ない場合でも危険な症状を起こすこともあります。

もし犬が玉ねぎを食べてしまった場合、可能であれば吐かせてください。そして玉ねぎ中毒の症状が出ていなくても獣医に相談すること。

人間が食べる食事には犬にとって危険のものが含まれていることが多いので、普段からドッグフードを与えることをすすめします。

犬にチョコレートを与えてはダメな理由

犬にチョコレートを与えてはダメということをほとんどの愛犬家の方はご存じたと思います。では、どうしてダメなのでしょうか。

 

人間にとってチョコレートは甘くておいしいものですが、犬には中毒を起こしてしまうもの。この原因はテオブロミンという成分によるもので、チョコレートの他ココアやそれらの加工品に多く含まれます。

 

チョコレート中毒の症状は?

このテオブロミンを犬が摂取すると、大脳や呼吸器、心臓、筋肉を異常に興奮させ下痢、嘔吐、発熱、、神経障害、多尿、口渇、ふらつき、腹痛、痙攣などといった症状を引き起こします。最悪の場合命を落としてしまうこともあります。

 

チョコレートを食べたらすぐに症状が出るというよりは、数時間(最長12~3時間程度)経ってから現れるので少量でも愛犬が食べてしまった場合は、一定の時間様子を見るようにしてあげてください。

 

チョコレートの致死量は?

中毒症状があられるテオブロミン摂取量は体重1kgあたり50~100mg、致死量は250~500mgと言われています。量に差があるのは体の大きさに比例するとされています。

 

ただ、チョコレートに含まれるテオブロミンの量はメーカーによってばらばらでパッケージにも表示されていないので「チョコをどれくらい食べたら危険か」とはっきり言うことはできません。

 

とはいってもどれくらいか知りたいという飼い主さんも多いと思いますので目安の量だけ書いておきます。下の量は致死量ではなく症状が現れる危険量になります。

 

5kgの小型犬・・・ミルクチョコレート1枚(60gの板チョコ)
20kgの大型犬・・・ミルクチョコレート6枚(60gの板チョコ)

 

ダークチョコレートになるとテオブロミンの含有量が増えますので危険量は少なくなります。対してホワイトチョコレートにはテオブロミンの含有量が少ないため、中毒を起こすことは少ないとされています。

 

テオブロミンは摂取量に関犬なく少量でも症状を起こすことがあるので、愛犬が誤飲した場合はすぐに吐かせるなどの対応をとってください。食べてから時間がたってしまった場合には様子を見守り、念のため獣医に相談することをお勧めします。