栄養バランスがとれた食事を

愛犬を長生きさせる食事で一番大切なのが 栄養バランスの良い食事内容です。タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルの5大要素を効率よく与えてあげましょう。

 

栄養素それぞれの摂取バランスは、人間とほぼ同じですが、タンパク質を少し増やして脂質を減らしてあげるとベストです。具体的には、タンパク質25%、脂質15%、炭水化物60%が理想的です。

 

普段から総合栄養食と表示されているドッグフードを与えている場合には、栄養バランスがとれていますので深く考える必要はありません。「運動量が多いならタンパク質をプラスする」「関節が弱いならグルコサミンコンドロイチンサプリを」等といった考え方でOKです。

 

ただし、ドッグフードによってはなんだかよくわからない成分が入っているものが多いのも現状です。飼い主さんは、与えているドッグフードにどんなものが入っているのか、その成分はどんな働きがあるのか知っておく必要があります。

 

また、手作りドッグフードの場合には、ドッグフードに比べて栄養バランスを維持するのが難しいという側面があります。毎回しっかりと計算されているのであれば問題ありませんが、一種類でも足りない栄養素がありそれを長く与え続けると犬の健康に影響してしまう可能性もあります。大変ですが飼い主さんは十分注意してあげるようにしてください。

 

タンパク質の働き

 

タンパク質は、犬の軟骨、筋肉、皮膚、毛、ホルモンなどからだのあらゆる組織を構成しています。これは人間と同じでからだはたんぱく質によってつくられているといっても過言ではありません。

 

特に肉食動物である犬にとってタンパク質はとても大事な栄養素で、ドッグフードも「高タンパク」をアピールするものが多くなっています。筋肉質な犬、活動量が多い犬ほどたんぱく質を多く摂取する必要があります。

 

そして、量と同じくらい大切なのがたんぱく質の質。より良いものを与えるようにしてください。ドッグフードの場合はパッケージの裏面の栄養表示の確認、手作りの場合はなるべく新鮮な肉や魚を与えると良いでしょう。

 

また、可能であれば肉、魚、卵をバランスよく摂取できるような食事を与えることをお勧めします。栄養表示確認の際には、原料原産国チェックも忘れずに。