グレインフリーはダメなの?

最近、グレインフリーをセールスポイントにしている商品が増えいていますが、グレインフリーのドッグフードは愛犬を長生きさせるために大切なことなのでしょうか。

 

そもそも、グレインフリーとは、「穀物不使用」という意味で、玄米やトウモロコシ、大豆、小麦などが使われていないドッグフードのことを言います。

 

ではなぜ、グレインフリーがよしとされているのか。これは、グレインフリーに特別なメリットがあるわけではなく、グレイン(穀物入り)にデメリットがあるため、グレインフリーを求める飼い主さんが多いわけです。

 

穀物入りドッグフードのデメリットと言われているものは、大きく分けて二つあります。一つは、アレルギーを起こしやすいこと。そしてもう一つは、消化に時間がかかること。

 

この2点から考えると、皮膚炎などアレルギー性の病気を持っている場合や、お腹が弱いワンちゃんにはグレンフリーが適しているといえます。内蔵機能が低下した超高齢犬にも良いですね。

 

ただし、あまり言われていませんが、グレインフリーにはいくつかのデメリットもあります。例えば、穀物特有の腹持ちの良さが失われるため、よく食べるワンちゃんは物足りなさを感じることがあります。たんぱく質が不足すると痩せ気味のワンちゃんは特に栄養不足に陥ることがあります。また、価格が高いものが多いので飼い主さんの負担になることも。

 

上記のようなことから、グレインフリーを選ぶときは、メーカーのセールスワードに惑わされずに、ワンちゃんの状況を見極めて選んであげることをお勧めします。

 

参照サイト: 人気のグレインフリードッグフード | グレインフリー検証