危険なドッグフードとは

危険マーク

 

前回は、おすすめのドッグフードについて書きましたが、 今回は危険なドッグフードについてご紹介したいと思います。 前回の記事は、「愛犬を長生きさせるドッグフードとは」 にまとめているのでもしよければチェックしてみてください。

 

危険なドッグフードですが、 基本的にはお店などで販売されていないので間違って購入するということは少ないと思います。注意してほしいのはインターネットでの販売によるものです。

 

もちろん、市販のドッグフードは 穀物が多く使われていたりたんぱく質にミールが使われていたりしますが、 危険とまではいかない商品です。 (「愛犬元気」とか「ゴン太シリーズ」とか)

 

ここでは、危険=絶対に買っていはいけない商品を ご紹介します。

 

①中国産ドッグフード
アメリカで中国産のドッグフードを食べた犬7,000匹近くが 健康被害に合っています。 そのうち1,000匹は死亡。今はほとんど日本に流通していませんが、インターネット等では購入できるので注意してください。できれば、中国産以外でも原材料の一部に中国産のものを使っていないか確認した方が良いです。

 

②ネットオークションに出品されているドッグフード
安全性の高い高級ドッグフードが ネットオークションで低価格で販売されています。 中にはちゃんとしたものもありますが、そのほとんどは安全性の低い並行輸入品であったりするので、 購入しない方が無難です。

 

③ホームページ上で他のドッグフードを否定しているもの
時々、公式サイトで「○○と当店のドッグフードの比較実験」とうたったものがありますが、これはやめておいた方が良いです。 よくあるのがドッグフードが浮くか沈むか問題で、 他社のドッグフードをいくつかそれぞれビーカーに水と一緒に入れて比べています。他社をけなすことしか自社製品を推せないのは問題ありです。