フィラリアは予防可能な病気です

犬のフィラリア症とは、フィラリアという寄生虫が蚊を感染経路として犬の心臓に寄生し循環器障害、呼吸障害を起こす病気のことです。主な症状は、咳、息切れ、腹水、むくみなどがあります。

 

咳や息切れは初期症状としてあらわれるものですので、夏の蚊が多い時期に愛犬が咳を繰り返すときはフィラリアを疑ってください。

 

フィラリアの原因を断つのは難しいですが、感染幼虫をもった蚊に刺されても感染しないように予防することは可能ですので、飼い主さんはしっかりと対応してあげてください。今はフィラリアは100%予防できるとまで言われています。もし、犬がフィラリアにかかった場合は飼い主さんの責任と言われても過言ではありません。

 

予防には、注射と投薬があります。どちらにもメリットデメリットありますので、かかりつけの獣医と相談しながら決めていきましょう。なお、蚊取り線香を焚いていても感染幼虫をもっている蚊に刺されてしまったら感染してしまうので完全に予防することはできません。